特別なプレゼントを用意しよう|両親に思いを伝える方法

プレゼント

お返しのタイミング

贈り物

結婚式で二人の門出をたくさんの人に祝ってもらったという人はたくさんいるでしょう。結婚式や披露宴を行なうことで友人や親族、たくさんの知り合いに結婚したことを伝えることができるのです。披露宴ではいろんな関係者が余興を行なって盛り上げてくれるでしょう。そんなお祝いではたくさんの人からご祝儀や結婚祝いを頂くことになるのです。しかし、ご祝儀や結婚祝いをくれた人のなかには披露宴や式に参加できなかったという人もいます。また、遠方や仕事の関係で招待できなかった人もいるでしょう。そのような場合には、お祝いのお返しとして結婚内祝いを贈りましょう。結婚内祝いを贈るベストなタイミングといわれているのが挙式の1ヶ月前後です。直接持参することができる場合は本人の都合を確認して結婚内祝いを渡しにいくといいでしょう。遠方で直接会えないという場合は郵送で送っても構いません。挙式の一ヶ月後というのは二人の生活が始まって間もない頃でまだまだ忙しいでしょう。忙しさから相手が忘れてしまった頃に結婚内祝いを届けると失礼になるので、しっかりと時期を確認しておかなくてはいけません。

結婚内祝いの相場といわれているのは、頂いたお祝いの半返しです。半返しというのは頂いたお祝いの半分相当の品を贈るというものです。そして、バスタオルや食品のセット、お菓子の詰め合わせなどが人気の高い商品となっています。二人のセンスで相手へ贈る品を決めるといいでしょう。