特別なプレゼントを用意しよう|両親に思いを伝える方法

プレゼント

特別なときに使う手段

家族

結婚式や葬式、卒業式など冠婚葬祭のいろいろな場面で使われているのが電報です。電報というと昔の電話やメールというようなイメージがありますが、今でも使うことができる連絡手段の一つなのです。昔は電話やメールの代わりに緊急連絡手段として使われていましたが、最近では特別なときに使う気持ちを伝える手段として用いられているのです。例えば、冠婚葬祭の会場へ足を運ぶことができない場合に手紙ではなく電報を送ることがあります。なぜ、このようなときに電報が用いられているのかというと、他の連絡手段よりも手間がかかるためより特別感を出すことができるからです。昔は文字だけしか送ることができませんでしたが、最近はギフトと一緒に届けることができるようにもなっています。

電報を送るときに気をつけたいのが、祝電なのか弔電なのかということです。祝電の場合には別れを連想させるような言葉や繰り返し使う言葉は避けた方がいいといわれています。また弔電の場合も、繰り返しや重ねる言葉、故人の苦しみを連想させる言葉を避けるのが電報のマナーです。この他にも細かいマナーがあるので、使う場面に合わせて調べてみましょう。祝電と一緒にギフトを送る場合、フォトフレームや可愛いぬいぐるみを送ることがあります。嬉しい記念として形が残るものを選ぶ人が多いようです。弔電の場合は葬儀に参列できない代わりにお線香のセットを送ることができます。また、押し花電報で思いを伝えることもあるようです。