特別なプレゼントを用意しよう|両親に思いを伝える方法

贈り物

お返しのタイミング

贈り物

結婚祝いを頂いたら結婚内祝いを用意しましょう。贈るときにベストなタイミングは挙式の後1ヶ月前後です。あまりに遅くなると失礼になるので気をつけましょう。頂いたお祝いの半分相当の物を贈りましょう。

もっと読む

彼のことを考えて用意する

男性女性

付き合いたての恋人なら彼の誕生日プレゼントに困ってしまうでしょう。誕生日に欠かせないケーキをプレゼントに選ぶという方法があります。また、生活に必要なもののギフトも便利です。

もっと読む

特別なときに使う手段

家族

連絡手段として昔からあるのが電報です。最近は冠婚葬祭で使われることが多く、一緒にギフトを送ることもできるのです。電報を送るときは使ってはいけない言葉があるので場面毎に確認が必要です。

もっと読む

日頃の感謝を込める

ファミリー

自分の結婚式や両親の結婚記念日、父の日や母の日などに日頃の感謝を込めてプレゼントを贈りたいという人は多いでしょう。記念日でなくとも、感謝の気持ちを伝えたいというときのためにどんなプレゼントができるのか考えてみましょう。自分の結婚式で両親にプレゼントするものとして定番になっているのが手紙です。日頃、言葉で伝えないようなことも手紙であれば書くことができます。また、結婚式のときにそれを自分で読むという人も多いでしょう。たくさんの感謝の気持ちが伝わる大切なプレゼントとなります。しかし、手紙だけでなくもっと形に残るものを贈りたいというときにはどのようなものがいいのでしょうか。結婚式で選ばれている両親へのプレゼントのなかには、手紙や写真を飾っておけるフォトフレームや時計があります。また、飾れるフレームではなくフォトアルバムを作ってプレゼントするという人もいるでしょう。一緒に過ごしてきた思い出と感謝の気持ちを形にすることができるものが選ばれているのです。

両親の結婚記念日にはどのようなプレゼントが好まれているのでしょうか。この場合は自分の結婚式と違い主役が両親になります。そのため、夫婦水入らずで過ごせる時間をプレゼントにするという方法もあるのです。例えば、二人のために旅行を企画してチケットをプレゼントしてもいいでしょう。また、二人でなく家族全員で思い出を作れる家族旅行の計画を立てる人もいます。旅行ではなくても、普段足を運ばないようなレストランへ案内することもできるでしょう。また、いつもは食べないような美味しい食事やお酒を用意してお祝いすることもできます。両親へ何かプレゼントしたいと感じたときは気持ちを込めて、少し特別なものを用意するといいでしょう。